【歴史異聞】2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」黒田孝高の実像に迫る【since1604】

黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。孝高は諱で、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは出家後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。
豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀であり、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。
キリシタン大名でもあった。子に黒田長政がいる。

2014年1月13日wikipedia「黒田孝高」

軍略に富んだ官兵衛、本当はどんな人物だったのか???


タカタ水産続きを読む
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ歴史。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


アクセスランキング