【歴史異聞】生誕100年、史上最強の軍人ハンス=ウルリッヒ・ルーデル【since1982】

ハンス=ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel, 1916年7月2日 – 1982年12月18日)は、第二次世界大戦中のドイツ空軍の軍人(航空機操縦員、幕僚将校)。ヨーロッパ東部戦線において、ソ連戦車500両以上と800台以上の車両(黙って出撃したり部下に戦果を譲ることがあったため実際にはこれ以上であり、正確な数は不明)を撃破する戦果を挙げた。また、9機を空中戦で撃墜しているためエース・パイロットの一人にも数えられる。これらの戦功から、騎士鉄十字章の最高位の「黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章」を授けられた。この勲章の受章者はルーデルただ一人である。
9月10日wikipedia「ハンス=ウルリッヒ・ルーデル」引用

戦績が凄まじすぎて映画にもできやしない!


続きを読む
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ歴史。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


アクセスランキング