【動画感想】交響詩篇エウレカセブン(2005年)★★★★★【星5つ】

※少々ネタバレも含まれます。あくまで個人的な感想です。
※以下の商品リンクは営利目的ではなく、記事の参考画像として貼っています。

2005年4月の放送開始から最終話まで一通り観ていたのですが、新しく始まった「エウレカセンブンAO」の影響なのかもう一度観たくなってDVDを借りてきました。

元々、アニメを見ない方なのでガンダムなども世代の割に全く知識がありませんでした。このエウレカセブンも友人のすすめで渋々見始めたのがきっかけです。交響詩篇エウレカセブン全51話…長すぎる…。本当に最初はそう思っていました。特にロボット関係のアニメは苦手な傾向でしたので…。

初めて観たときと二度目を観返している今、ちょっと違う印象があるんです。
何が違うのかというと、初めてエウレカセブンを観たときは主人公のレントン視点なんですね。それかエウレカ視点で観てるんですけど、何年か経った今、少しばかり歳をとって見方が変わってるんです。

レントンやエウレカ視点で観ることが出来ない。今、35話まで観ているんですが、主人公がホランドとしか思えない。「なんだこれは?一番苦しんでいるのはホランドじゃないか」と、初めて観た時とは違った印象を受けました。

父親的な視点で観てしまうんですね。だから一番目立って見えるのがホランドとタルホになってしまう。こうやって観ていくと、ちょっと前回とは違った印象の物語になっていきます。

もしかして、これはそうやって意図して作られているのかもしれません。
交響詩篇ですから…
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ動画。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング