【妄想哲学】終末予言『マヤ暦』の真実とアセンションなんたらかんたら…

 さて、今回はもうどーでもいい話なんですが、このブログであまり触れようとしなかった終末予言の話題です。2012年12月の21日(22日や23日)と書いてあることもあります。数年前から有名だった「マヤの終末予言」について今回は「アセンション」も含めて解説したいと思います。超いい加減な解説です。


ぴよこ『ヤヴァ─-─-─-─-ィ(#゚Д゚)─-─-─-─-!!』

Dr.ぶらっく『ウホッ!こんなトコにも信じてるお馬鹿さんがいる(*゚∀゚)ノ アヒャヒャ』

ピシッ! (*ー"ー)ノ)゚ロ゚)ノ ドペッ!!

ぴよこ『じゃあアレはデタラメってコトですか?ヾ(゚0゚*)』

Dr.ぶらっく『デタラメも何もマヤ族の暦って…予言じゃないだろ…(´σ `) ホジホジ』

ぴよこ『でも、2012年12月で暦が終わってるんデスよね?』

Dr.ぶらっく『暦の計算が終わってるというか…周期的な暦なんじゃないのかな?大体、当のマヤ族が予言じゃないって言ってるぐらいなんだから(・・;)』

ぴよこ『そういえば以前TV番組でもそう言ってましたねヾ(゚ー゚ヾ)』

Dr.ぶらっく『ぴよこチャン小さい頃だから知らないだろうけど、1999年以前にもこの手の終末論が大いに賑わったんだよ(・・;)ほんと一部でアホみたいに盛り上がって何も起こらなかったという…』

ぴよこ『ノストラダムスはMMRを読んで初めて知りましたが…(゚ー゚*?)』

Dr.ぶらっく『な…なんだってー!とか……(´σ `)アホくせー』

Dr.ぶらっく『もうね、終末論とかアセンションとか意味が解らなくなるよな…』

ぴよこ『人間心理なんでしょう??終末論って昔からあるみたいだしヾ(゚ー゚*)』

Dr.ぶらっく『そだね。人間って終末論大好きだよな(・・;)儲け話にもなるからねぇ…』

ぴよこ『アセンションって何なんですか???』

Dr.ぶらっく『ごく一部の人達が言ってるダケなんだけど…次元上昇とかフォトンベルトとか意味不明なんだよな…( ̄ー ̄?』

ぴよこ『ホウホウ…ニューエイジ思想のなんとか…□ヾ(゚ー゚*)』

Dr.ぶらっく『ずっと前の記事でね、「ジョン・タイター」のことを書いたよね?あれといっしょ、結局は著作物で金儲けに繋がるんだから(; ̄ー ̄)マッタク』

ぴよこ『全否定ですな…(@゜Д゜@;)』

Dr.ぶらっく『ウム!2013年からも新たな終末論が出てくるはずヽ(UoU;)ノ ヤレヤレ』

ぴよこ『この記事…冒頭に解説するって書いたのに解説になってませんよね(;¬ω¬)』

Dr.ぶらっく『それでもこれが真実。何も起こらないし、人間は次々終末論を語ってはビジネスにする。大体、人類が絶滅するほどの事象が起こるのなら、それなりの大きな予兆がないのはオカシイじゃないか(; ̄ー ̄)』

ぴよこ『じゃあ今年のクリスマスは来るってコトですねヾ(゚▽゚*)ヤッタ』

Dr.ぶらっく『当たり前に来るよ(´∀`;)プレゼントで財布が空っぽになるだけの日が…』

ぴよこ『…で3DSとどうぶつの森をサンタさんにお願いしたんですが…(o¬ω¬o)チラ』

Dr.ぶらっく『ウムム…(・Θ・;)…orz』

ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ哲学。 | コメント: 1 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

No title
リンク完了致しました。
今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング