【漫画感想】はじめの一歩 round 1010【少年マガジン15号】

※以下、ネタバレと個人的感想がありますので単行本で読んでいる方は御注意下さいm(__)m




はじめの一歩も立派な長寿漫画に。単行本100巻以上、連載1000回突破。今回はヴォルグ戦を取材した記者たちの対話から始まって、釣り船屋の仕事風景から一歩が久美ちゃんに魚を届けて家に上がるまでという話。

前回も少し触れたゴンザレス戦はいつになるのか…?
予想通り宮田、真柴、千堂の世界戦の可能性を示唆する会話。
気になる点は鷹村が言う「一歩が弱くなった」。どう弱くなったのか、とりあえず一歩の場合はメンタル面なんだろうけど…今回一番気になったのが一歩の母親の表情が微妙に曇ったこと。

世界チャンピオンどころか一気に引退フラグ立ちまくってるような(・・;)
母親は試合を観に来ない。世界戦でも観に来ないかも。
来るとすれば引退試合だけなのかな。

重要な登場人物が多い分、試合話数が今後大変そう。
まず、返上した日本フェザー級のベルトはどうなるのか。
それと強敵ゴンザレスにどうやって立ち向かうのか…

いや、その前にスターンって足音が迫って来てる…
台所でいい雰囲気のところにお兄さんご帰還(´∀`||)アリャー

ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ漫画。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング