【動画感想】ドラゴンボールZ 神と神(2013年)★★★★☆【星4つ】

※少々ネタバレも含まれます。あくまで個人的な感想です。

LINK

実に17年ぶりのドラゴンボール劇場版。キャッチコピーは「最強、始動。」「最強、激突。」
「フリーザ、セル、魔人ブウ。すべてを超越する存在がいた。」
「今、闘いの歴史が変わる――。」


原作者が90%関わっているだけあってストーリーやバトルシーンはなかなか。
CGで迫力重視し過ぎて、従来の緊迫感はやや薄れたかもしれないが・・・。

超サイヤ人ゴッドのことを神龍が知っているという点や、超サイヤ人ゴッドの容姿がいまいちな点が残念。
ベジータ王のくだりなど後付け感が半端ない。あと超サイヤ人って何種類あるんだよと…。

どうして悟空が倒せないほどの強敵を出すんだろうって疑問が湧いた。
たぶん、「上には上がいるんだぞ」っていうことを伝えたいんじゃないだろうか?
悟空が手も足も出ないビルス、そのビルスより遥かに強いウイス、しかも宇宙は12個あって悟空たちの宇宙は7番目の宇宙だという。よってビルスも7番目の宇宙の破壊神というわけだ。

ビルス曰く悟空は今まで戦った中で2番目に強かったそうだ。
1番目はウイスなのか?そうでなければ続編を示唆する伏線になるのか。
GTが始まる5年前ぐらいで次が出るのかもしれない。
ビルスは3年ほど眠ると言っていた。

GTがなければこの作品は全てがよかった。(超サイヤ人ゴッドの容姿以外)
超サイヤ人4や超一神龍は「ビルス・ウイスと比べてどっちが強いの?」って気になってしまう。
何か妙なモヤモヤが残ったままになる。

何はともあれ孫悟空が「まいった、降参」するところを見たくなかった。
セル編の降参とは違って絶対に勝てない降参だったからだ。

ざっと他の感想を書いているサイトや考察なんかを見てみると、やはり超サイヤ人4とビルスの強さを対比している。気を感じられないから超サイヤ人ゴッドとビルスは次元が違う強さだという意見も多数あった。GTはなかったことにされているんだろうか。



関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ動画。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング