【閲覧注意】体外離脱!?過去に戻る方法、タイムリープは明晰夢で実現する!?

 今回は何度目かの「体外離脱ネタ」となります。
これまで書き綴ってきた体外離脱に関する記事はこちらからどうぞ。

 タイムリープを考察した記事もあります。
(右の検索で「体外離脱」と入力すると記事を絞れます)

 さて、今日は普通なら一笑に付す滑稽な話をしなければなりません。
あなたが今、タブブラウザで当ブログを見ているなら新しいタブを開いてください。
予測キーワードをONにした状態で検索欄に「過去」と入れてみてください。

何が出ましたか?

おそらく「過去の天気」や「過去問題」や「過去の気温」などのワードが出るはずです。

次に、「過去に」と入れてみてください。
すると何か胡散くさい文字が並びませんか?

「過去に戻る方法」「過去に戻りたい」「過去に行く方法」

今回はこれらの「過去に戻る方法」をいろいろ調べてみました。




 「過去に戻る方法」で検索をかけると、主にまとめ系のサイトに方法が載っています。
調べれば簡単に出てきますので、ここでは詳しい方法は書きません。
どんなものがあるのかだけ箇条書きしていきます。

◆黒神陀の術
◆エレベーター(異世界へ行く?)
◆明晰夢で過去の自分を乗っ取る
◆戻りたい時期を紙に書いて燃やす


これらを見るだけで馬鹿馬鹿しいと思っている方もいるでしょうね。
常識的に考えれば「時間は不可逆」、「タイムマシンは机上の理論で発明されない」、「未来から来た人間がいない」、小学生でも解るようなことです。

 過去記事、「【閲覧注意】体外離脱でデタラメな時代に行った記憶」で書いたように現実世界とよく似た世界を垣間見た経験があります。夢の中で「ここは未来なんだ」と直感していました。

 前置きが長くなりましたが、上記「過去に戻る方法」で一つだけ試してみました。
私にできるのは偶発的な体外離脱だけです。明晰夢で過去へ戻る方法を選びました。


 
『あなたは過去に戻りたいですか?』
『戻れるなら何年何月何日の何時ごろに戻りたいですか?』

この問いに即座に答えられますか?

 私はずっと前から戻りたいと思っている日があります。
それが1994年4月です。ちょうど新学期が始まってクラス替えの発表を見ているときです。

 偶発的な体外離脱に一縷の望みを賭けて眠りにつきました。
もちろん、眠る前に「1994年4月に戻るんだ」と強く考えないといけません。
初めの何日かは明晰夢を見るようになりました。あまり意味のない夢でした。

 そうして、明晰夢を見たり全く夢を見ない日が続いたのち、体外離脱に成功しました。
「1994年4月に行きたい」と強く念じて部屋の窓を突きぬけようとすると・・・
周りの景色が一変していました。

何もない空間だったと思います。
ただ巨大なガラスが目の前に現れて、ガラスの向こう側に見慣れた光景が広がっていたということです。1994年4月のクラス替えの光景です。すぐに過去の自分自身を見つけました。仲の良い友人たちと同じクラスになれてガッツポーツをしていました。
過去の自分

『このガラスの向こうにいる自分の意識に入り込めばいい』

 私は意を決して、ガラスを一気に突き抜けようとしました。
しかし、ガラスはゴムのように突き抜けようとした分押し返してきます。
ガラス越しには確かに過去の光景が広がっていました。

 結局、そこで力を使い果たしたのか目が覚めてしまいました。
「時間の壁」のようなものだったんでしょうか?
私には越えられず、そこに辿りつくのは無理でした。


 物理的に時間旅行をするのはこの先の遠い未来でも実現できないかもしれません。
意識はどうでしょうか。夢を自在に操れるようになれば面白いと思いませんか。
私は時間が、過去⇒現在⇒未来の1本線だとは思っていません。
複雑に分岐するパラパラ漫画のようなものだと考えています。

 過去は消え去ってしまったのかというと、そうではないということです。
あの日あの時は「どこかにあって進行形である」と信じています。




ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ挿話。 | コメント: 6 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 管理者様へ
K様、コメントありがとうございます。

ブログかホームページはお持ちですか?
ありましたらURLを教えていただけませんか?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは
ブログ拝見しました。

記事にコメントできるように設定してもらえませんか?

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは
コメント欄の設置ありがとうございます。
また近々コメントさせていただきますね(´∀`)ノ

記事のURLでもブログ自体のURLでもリンクはOKです。
ブログのURL貼って頂けたらこちらもリンクします。

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング