コンプガチャが7月から景品表示法での規制対象に

インターネットを通じて携帯電話などで遊ぶ「ソーシャルゲーム」のうち、くじ引きで珍しいアイテムをそろえる「コンプリートガチャ」と呼ばれる手法について、消費者庁は、「景品表示法が禁止している手法に該当する」と判断し、規制の対象になることを18日に公表することにしています。

「コンプリートガチャ」は、ゲームで使うアイテムを集める手法の1つで、有料のくじ引きで入手した異なるアイテムをそろえると珍しいアイテムが得られるというものです。
消費者庁は、この手法が、法律に違反しないかどうか検討してきましたが、異なるカードを集めさせて景品を提供するものだとして、景品表示法が禁止している「カード合わせ」に該当し、規制の対象になると判断しました。
消費者庁は、こうした考え方をガイドラインとしてまとめ、18日に公表することにしています。
「コンプリートガチャ」を巡っては、未成年者を含めて珍しいアイテムを得ようと何度もくじ引きをして高額な料金が請求されたなどの相談が急増したため、消費者庁が実態調査に乗り出し、こうした動きを受けて、ゲームを運営する会社は、相次いでサービスの廃止を表明しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120518/k10015203791000.html

じゃあ【ビンゴガチャ】【スロットガチャ】はどうなのさ。

あれもコンプガチャと変わりないような気もするが…。

>>「コンプリートガチャ」を巡っては、未成年者を含めて珍しいアイテムを得ようと何度もくじ引きをして高額な料金が請求されたなどの相談が急増したため、消費者庁が実態調査に乗り出し、こうした動きを受けて、ゲームを運営する会社は、相次いでサービスの廃止を表明しています。

コンプガチャだけじゃなくて通常の課金ガチャを何度も回してる可能性もあるわけで…
実態調査したのなら解るはずだが、自主規制後ガチャビジネスがどのように変化したか。
薄利多売戦法に出てる気がしてならない。10コインでも遣わせちまえってね。

一昔前のカードダス1回20円、安い安いと思って回してるうちに数千円みたいなもんか…
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ評論。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【コンプガチャが7月から景品表示法での規制対象に 】

インターネットを通じて携帯電話などで遊ぶ「ソーシャルゲーム」のうち、くじ引きで珍しいアイテムをそろえる「コンプリートガチャ」と呼ばれる手法について、消費者庁は、「景品表...

アクセスランキング