【妄想哲学】宗教は神や死後世界を語るが、宗教ごとに全然違ってたりする矛盾を考察!日本の新興宗教編!

Dr.ぶらっく:今回、久々に妄想哲学に入りたいと思います!



ぴよこ:前にLINEしたやつデスねヾ(*・ω・)キタ



かいと:俺が宗教嫌いな理由を語る時が来たのか( ̄ー ̄)ゞフン



ぴよこ:いや、それはイイデス(^▽^*)



かいと:宗教なんぞ言うてることバラバラやんヽ(´▽`)



Dr.ぶらっく:『あの世』『最高神』『教義』は違うよね



かいと:中には似通ったものもあるけどな(ーー;)ンー



ぴよこ:新興宗教に入信している知人がいるんですよね?



かいと:俺の場合親戚やわ。まぁ有名なアレや(´∀`;;)



Dr.ぶらっく:私は大学の同期にWメ●トの会員が(;゚∇゚)



かいと:ホント宗教も一つだったら楽なのにね( ´ω`;)ヤレヤレ



  heaven.jpg

Dr.ぶらっく:とりあえず、新宗教で調べてみると…



かいと:随分沢山あるじゃないの(´∀`;)



ぴよこ:宇宙・UFO系…(´-`?)ナニソレ



かいと:神様も仏様も沢山おり過ぎやろ(´∀`;)



Dr.ぶらっく:各々最高神が違うってのが面白い(゜∇゚)



ぴよこ:八百万の神々って言うじゃないデスかヾ(゚0゚*)



Dr.ぶらっく:そりゃ日本だけでしょーが( σ´∀`)σ



かいと:神の代理とか声を聞く者とか…無茶やな(´∀`;)



ぴよこ:偉人の生まれ変わりを主張する人もいますねヾ(゚0゚*)



Dr.ぶらっく:「神道系」「仏教系」「キリスト教系」が多いね



かいと:中にはオリジナル過ぎるのもあるどー(´∀`;)



Dr.ぶらっく:確かに…(゚ー゚;A



ぴよこ:では、宗教に正しいものはないと?ヾ(゚0゚*)



かいと:そもそも、正しい宗教ってなんや?



Dr.ぶらっく:宇宙の真理を解き明かして説明する…(川゜∇゚)



かいと:それ宗教に騙される人が言うコトやん(´∀`;)ドアホー



ぴよこ:では、正しい宗教なんてないと??ヾ(゚・゜*)



かいと:ぶらっく君といろんな宗教調べたけど、ないね



かいと:全部が間違ってるってわけじゃないけどな(´∀`;)ウム



Dr.ぶらっく:例えば、A教がB教に神と死後の話をすると…



Dr.ぶらっく:神の名も死後世界も違うって言い合うよね( σ´∀`)σ



かいと:似通った主張はあるかもしれんけど…



かいと:そんなバラバラな主張が正しいとは思えない(´∀`||)



Dr.ぶらっく:神が人を作り給うたではなく、人が神を作った!



ぴよこ:正しく死後世界を説いている宗教もないと?



Dr.ぶらっく:ないと言える!



かいと:死後世界も言うてるコト全然違うもん(´∀`;)



かいと:それは自分トコが正しいって主張してるだけやん



ぴよこ:神様いない&死後は無なら済む話デスもんね(゚ー゚*?)



Dr.ぶらっく:それが一番楽なんだけどね



    

Dr.ぶらっく:昔から人間ってすがるモノを作りたがるから



ぴよこ:あの世を全否定しちゃうと今までの記事が…



かいと:死後世界はあるかもしれんヨ(´∀`;)



ぴよこ:ぇえっ(*゚・゚)ンッ?



かいと:ただ既存の宗教の中に正解はないやろうなってコト



Dr.ぶらっく:この宇宙も科学的に作られてるかもしれないし…



ぴよこ:あおねいサンのブログですねヾ(゚0゚*)



かいと:俺もあの夢の話は宗教本より興味深い(´∀`)



 

Dr.ぶらっく:キミがこういうの興味持つの珍しいな!



かいと:神様やあの世や言うよりええんと違うか?



ぴよこ:しかし、正しいとは限りませんよね…(・_・*)



かいと:この宇宙が科学的に、作為的に創られていたら…



Dr.ぶらっく:その方が宗教より説得力ある気がするなぁ(^ー^;)



ぴよこ:それで今回の結論は…(A゚∇゚)ハテ?



かいと:結論⇒信じたい宗教がありゃ勝手に信じろっ!!



Dr.ぶらっく:「信じる者は救われる」というのは思い込み!



Dr.ぶらっく:悪い言い方をすると…



かいと:ゼニや!銭儲けの手段や(▼Д▼#)クルァ



ぴよこ:少々乱暴な意見デスな…(・_・*)



Dr.ぶらっく:違うって!人の心理につけ込んでるってコト!



ぴよこ:ナルホド、またこの話題で話しましょうネ(・▽・*)



  高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】  
ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ哲学。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング