スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: スポンサー広告

【裏技小技】春財布購入チャンス!?財布を買ったらとりあえず寝かせる!!その方法2017年版

 冬に財布を新調するのはお勧めしません。
2017年の「立春」は、2月4日です。
もし、財布の購入を考えているのなら、立春以降にしてください( σ´∀`)σ
立春001

 今回は昨年の記事のまとめとおさらいです。
長財布≠金運アップの説明もしています。




※前回記事のおさらい
●色、素材、形で選ぶ
堂々と持って歩けそうなモノを選びましょう。ブランドより材質で選んでください。
(いかにも金運財布っぽい金ピカや龍の刺繍などが入っているのは持ちたくないです…)
スーパーブランドなどはブランド名にお金を払っているだけです。


●安くても丈夫な財布
財布の購入金額の200倍が年収になることはありません。
財布は盗難や紛失の可能性もありえることを念頭に置いてください。


●お金持ちは小奇麗な財布

お金持ちな人はシンプルな財布を持っていることが多いです。
前回までの記事で長財布が金運にいいと私は書きましたが、撤回させてください。
お金が貯まる財布に長財布も二つ折りも関係ありません。

立春002
●札入れと小銭入れ
 紙幣と貨幣は一緒に財布に入れた方が便利かもしれません。
持ち物が一つで済みますからね(^^;)
しかし、小銭入れは別に持った方が良いと思います。


<2017年度版新財布購入術>
【新しい財布を購入してもすぐ使えない!?】
 製作工程でいろんな人が触れています。まず、外側、内側を軽く拭いてください。
次に塩を一つまみパラパラふりかけて、はたいて落してください。
この時、財布の内部に塩をふる必要はありません。

 財布の中の浄化は、お香を焚いてください。
お香の上に財布の中を開いて煙を当てます。

【財布にお金を記憶させる作業】
 新しい財布は初めの10日間ぐらいに入っている金額を記憶すると言われています。
お札を入れます。自分にとってちょっと大金だと思う額です。
できれば本物の綺麗なお札が望ましいと思います。
肝心なのは、無理し過ぎているような大金は入れないことです。
多ければ多いほど良いと書いてある方もいますが、身の丈以上の大金を新品財布で寝かすことは、大出費財布に変身する可能性もあるわけです。大切なのは所有者とモノのバランスなのです。

 お札は揃えて入れ、カード類は入れないこと。
キーホルダーなど金属類も入れてはいけません。
入れてもいいのは、木製か紙製の御守りのみです。
小銭は生まれ年の5円(種銭)をピカピカに磨いて一つだけ入れましょう。

最後に半紙か布に包んで北側に寝かせます。
日光の当たらない暗めの場所が良いとされます。
寝かす期間は7~10日でいいと思います。

【財布を使う日】
  寝かす期間を終え、財布にカード類を入れる日は必ず吉日にしてください。
あなたが財布の所有者になる日です。
持ち出せる状態にした時点で所有者登録完了となります。
その日に財布からお金を出して買い物をしてみましょう。
さらに10日ほどは多めのお札を入れたままにしてください。 

立春003
<吉日とは?>
■一粒万倍日
■大安
■天赦日
■寅の日

吉日が重なる日がベストです。
<月齢>
■月が満ちていく期間に使い始めるのが吉。

<こだわり過ぎない>
 前回の記事にも書きましたが、こだわり過ぎなくてもいいのです。
ゲン担ぎと同じようなもの、おまじないだと考ええてください。
自分なりのルール、「ルーティンワーク」が見付かるはずです。


 

<保管場所>
 新しい財布を寝かす場所は、日光の当たらない暗めの場所でした。
使い始めた財布も同様に暗めの場所に置くのがベストです。
財布は財布の置き場所(財布の玉座・住処)を作ってあげてください。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ 
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ裏技。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。