【禁ゲーセラピーVol.2】課金しなくても同等のものを失っている認識を持つ

「ガチャ商法」・・・ソーシャルゲームなどで導入されている仮想ガシャポンシステム。
引く毎に費用がかかり、ゲーム内で使用するレアカードやレアアイテムを一定の確立により排出させる。


お金をかけずに余暇にゲームを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃると思います。
そういった方がソーシャルゲームには9割近くいます。業界の屋台蔵を支えているのは1割の課金者です。


「全く課金しないし、ある程度楽しめればそれでいい」本当にそうでしょうか?
ソーシャルゲームは趣味・趣向です。酒・煙草・癖・ギャンブルなどのようにないといけない状態になっているのです。

一日は24時間あります。しかし、ソーシャルゲームプレイヤーの多くは働く世代です。
一日の半分ほどは仕事に拘束されている時間ということになります。専業主婦なら家事や育児に買い物に拘束されます。

逆に言うと、一日は24時間しかありません。ゲームをイベントなどで必死に回していると1時間あっという間に過ぎませんか。
仕事などの拘束時間+睡眠時間+食事+風呂+etc…、24時間は短くないでしょうか。

お金も時間もかけていないと主張する方が大多数でしょう。
お金をかけていなくても、時間はどんどん削られているのです。

既にソーシャルゲームを完全に止めてしまった知り合いがいます。
彼は開業医で、ある日診察に行った折にソーシャルゲームの話になりました。

「携帯ゲームをする暇があるなら英単語一つ覚えたり、調べ物をして知識を増やせば?」

彼はこう言うのです。英語に興味はありません。英単語を今更覚えようとも思ったことすらありません。
それでも英単語一つ覚えてささやかな知識を得る方がマシだと言うのです。
当たり前のように聞こえて当たり前でなく思えてくるのが不思議です。

脳が錯覚しているんです。『ゲームをすればメリットがある・何かしら有効性がある・他者との繋がりがある』と。
実際は何もありません。空虚です。
国語辞典をデタラメに開いて難しい四字熟語の意味を覚える方が余程有意義です。
ストレスの解消にもなりません。全くの逆効果です。

お金を一切かけなくても限りある時間は失われていきます。

Time is money
Time is life



It's my life
It's now over
I ain't gonna live forever
I just want to live while I'm alive


これが俺の人生さ
今でなきゃダメなんだ
かぎりある命
その命あるかぎり、精一杯生きたい

Bon Jovi - It's My Lifeより
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ評論。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【禁ゲーセラピーVol.2】課金しなくても同等のものを失っている認識を持つ】

「ガチャ商法」・・・ソーシャルゲームなどで導入されている仮想ガシャポンシステム。引く毎に費用がかかり、ゲーム内で使用するレアカードやレアアイテムを一定の確立により排出さ...

アクセスランキング