【閲覧注意】1990年、呪われた?記憶の曖昧な空白の1週間

『1990年秋、墓場や自殺現場跡を写真撮影して学校新聞に載せようとしました』




撮影直後から1週間・・・ほとんど記憶ありません
小学5年生クラスで新聞係、3人で学級新聞を週1で作るのが役目。

ネタ切れしてきた2学期のある日、当時流行っていたスッコケ3人組になぞらえて心霊写真を撮りに行こうという話になった。

とりあえず撮影当日は地元の墓場へ直行。
墓石をバックに写真を数枚撮ってみた。

あとは自殺や殺人が昔あったと噂される廃屋なんかで数枚を撮影。

帰宅後、体調を崩す・・・・


次に気付いたのは病院のベッド。
ご飯を食べないので点滴をしていたそうだ。

起きていても夢の中にいるような気分だった。
夢と現実の境目が自分で解らなくなっていた。

1週間ほど過ぎた後、部屋はひっくり返したように散らかっていた。
無意識に部屋を荒らしまわってたらしい。

その後、撮影したフィルムは現像前に焼却処分。
体調は回復していった。


ただの解離性離人症だったのかもしれん(´∀`;)ヤレヤレ


関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ挿話。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【怪奇現象】1990年、呪われた空白の1週間】

『1990年秋、墓場や自殺現場跡を写真撮影して学校新聞に載せようとしました』撮影直後から1週間・・・ほとんど記憶ありません

アクセスランキング