正しさは他者が決められるものではない

 今、とある少年ユーチューバーが話題になっています。
見た限りでは、その子は自ら学校へ行くのを拒否しているようです。
ツイッターでは偽アカウントから本物のアカウントを辿りました。

 ……で、批判的な意見がすごく多いんですね(;'∀')
確かに、学校は社会の縮図とも言われていました。僕もそう思います。
でも、これって人によって感じ方が違いますよね?絶対、違いますよね。

 「学校行かないとあとで後悔するぞ?」と、その子は言われてるんです。
その後悔って具体的になんですか?自分自身が辿った道と比べてませんか?
自分自身が行かなかったら……と仮定して、その子に当てはめているんです。
そんな意見が彼に届くわけがないです。心に響くわけがないんです。

 ここで言い切ってもいいでしょう。彼はこの先、後悔などしません。
「学校へ行かなかった」ことを後悔しないと思うんです。それはなぜかと言いますと……
今、この瞬間を幸福感で満たして生きているからです。
過去も未来もないです。あるのは今この瞬間の連続のみ。

 だから、他人が「あなたは後々不幸になるよ!」なんて言えません。
なにが正しいのか、間違いなのかを誰が決めているのか……自分です。
常識だの、規則だの、世間一般だの、尺度を決めているのは自分自身です。

 彼は今、自分で選んだ道を進んでいるだけですね。
みんな、そうやって年齢を重ねてきたはずです。例外もあるかもしれませんが……
人の「正しさ」って、他者が決められるものではありません。
20190508
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ雑記。 | タグ: ゆたぽん ユーチューバー YouTube | コメント: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

ブログ内検索
プロフィール

cwcheat

Author:cwcheat
界斗
界斗@オルクス↑

Dr.ぶらっく(管理人。記事の改稿や訂正。手直し、たまに執筆)
ぴよこ(平成生まれ・学生・当ブログの発案者で管理人。歴史記事担当、広告更新)
界斗(副管理人。ブログ全体を構築。雑記、オルクスの記事担当)
フィードメーター

お気に入り
相互リンク

アクセスランキング