【映画感想】世界侵略: ロサンゼルス決戦★★★☆☆星3つ【評価】

※少々ネタバレも含まれます。あくまで個人的な感想です。
初っ端から未確認飛行物体参上、そこからは戦闘シーンばかりの映画でした。
「宇宙からの侵略者と戦う物語」というよりは、近未来の戦争映画を見ている感じです。
「インディペンデンスデイ」のような侵略者の強大さがイマイチなく、20か国が攻撃下にあるという設定ですが、主な戦闘場面はロサンゼルスだけなので地球規模というより局地戦を見ている気がします。

戦闘シーンはそこそこ迫力あり。しかし、エイリアンが地球に来た目的が「水??」
恒星間航行可能な文明が水を求めて地球侵略…
水資源は太陽系に来る前にオールトの雲や他の惑星で手に入る
のでは…???(´∀`;)オッカシイナー

仮に恒星間航行可能な地球外生命体が侵略に来たらあんなもんじゃ済まされないはず。
海兵隊がBANBAN撃ちまくって、ミサイルぶち込んでどうにかなる相手ではない。
重火器よりもっとえげつない兵器を使ってくると思うから…(´∀`||)レーザー?

戦争映画として観るならそこそこ。エイリアン侵略として観るならイマイチ迫力に欠ける。
絶望感が足りない映画だった。エイリアン侵略の脅威と、退役寸前指揮官の葛藤を両立しようとしているが、どちらも消化不良のまま終わってしまう。テンポがいいのは観ていて飽きない。

ということで…星3つ(´∀`)ノ


ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ動画。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング