【歴史異聞】神か人か鬼か、織田信長【since1582】

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の1人。
尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。
室町幕府を滅ぼし、畿内を中心に強力な中央政権(織田政権)を確立。戦国時代の終結に最大の影響を与えた人物の1人。この政権は豊臣秀吉による豊臣政権、徳川家康が開いた江戸幕府へと続いていった。


6月11日wikipedia「織田信長」引用


信長甘かった!?それ故本能寺に斃れた…?


ユリウス暦1582年6月21日、現在のグレゴリオ暦なら1582年7月1日、ちょうどこの年はローマ法王グレゴリウス13世が「グレゴリオ暦」を採用した年でした。日本は天正10年、正親町天皇の時代でした。

その年の6月2日、燃え盛る京都本能寺でひとりの男が生涯を終えました。
日本の教科書に必ず掲載され、歴史上人物で人気ナンバー1、織田信長です。
まず彼の名前を知らない人は殆どいないでしょう。
また、彼の成したことを全く知らない人も少ないと思います。

明智光秀の謀反によって斃れるのですが、あえて原因は何だったかという深い考察は止めておきます。
そういった研究をしているサイトは無数にあるので・・・m(__)m

『信長は三英傑中、最も甘く、最も気長だった』
よく織田信長といえば短気で冷酷なイメージで描かれることが多いですが、このイメージの出所は山岡荘八氏や堺屋太一氏の著書から来ているものです。資料としてのフロイス「日本史」、太田牛一「信長公記」は話自体が著者主観で盛ってある可能性もありえます。要するに「大袈裟」に書かれている部分もあるということです。

延暦寺根本中堂焼き払い、老若男女皆殺し。これこそ話を盛り過ぎて、今日の信長冷酷像を拵えている要因のひとつです。実際には学舎の数も少なく、僧の大多数は山を離れて生活していました。攻め上がった時、閑散たる光景しかなかったようです。

次に松永久秀という非常に面白い人物がいます。
「将軍殺し」「大仏殿焼き」など悪名で有名ですが、これにも異説はあります。
本当の姿は優れた為政者で、教養に長け、領民に慕われていた人物のようです。
「今川義元」も同じような感じですね。誤解されて小者に見られがちですが大人物でした。
松永久秀は2度の降伏、3度目は信長の方から茶器を差し出せば助命すると言われ、これを断わり自爆しました。
有能で使い道のある人物だからこそ赦そうと思ったのです。これが信長の甘さの一端でした。

また次のような事件がありました。
城内の女が勝手に桑実寺へお詣りに出かけたことを城に帰って来た信長が知ると、侍女と坊主を成敗してしまったという事件です。この「成敗」という言葉に謎があります。必ずしも死罪とは限らない点です。
ただ単に追放しただけとも考えられるわけです。

山中の猿という乞食に慈悲を示したエピソードが信長らしいと思わずにいられません。
村人にその者の面倒を見てやってほしいと頼み込んでいます。
生来、無垢な者に弱く、高慢ちきや横着者が嫌いな性格だったのでしょう。
「働き者」好きは羽柴秀吉や明智光秀の飛躍ぶりで解ります。

荒木村重の謀反も説得に応じれば赦すという寛容さを見せつつも、これを断わった村重の一族郎党を根絶やしにしてしまいます。古来より裏切りに郎党根絶やしは常套手段でした。これだけが極めて残虐ではないようですが、信長公記には「122人の女房衆泣き叫ぶ中、処刑した」と書いてあるので何とも言えませんね。
しかし、村重のその後を見ると…家臣もそうですが妻子見捨ててまで説得に応じなかったのは腑に落ちません。
先見の明がある人物が荒木家中にいなかったのか…謎です。


さて、長くなりましたが今回の【歴史異聞】は、徳川家康を滅ぼさなかった信長について締め括りたいと思います。
信長は律義だったようで、自分から盟約を違えたことは一度もなかったようです。
しかしながら、1582年時点の徳川家は3ヶ国支配で将兵も強く、東北の大名・上杉・北条などと手を結ぶと一大勢力になりえます。家康を危険視していた可能性はゼロではないでしょう。

1582年6月、家康は堺に居ました。
後年の研究で、光秀の兵は本能寺に宿泊しているのが家康だと思って討ったという文献も残っているそうです。
「家康を接待理由に呼びつけて討つもりだった?」かもしれません。
その頃、京では「何かが起こりそうだ」という気運があったそうです。

どちらにせよ信長は本能寺で横死してしまいます。
徳川家康を討っていれば、「座りしままに食うは徳川」の時代は来なかったわけです。
自説ですが、最終的にオイシイ思いをした人間が一番怪しいんです。


信長は甘かった、詰めが甘かった…





ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ歴史。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【歴史異聞】神か人か鬼か、織田信長【since1582】】

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。三英傑の1人。尾張国(現在の愛知県)の古渡城主・織田信秀の嫡男。室町幕府を滅ぼし、畿内を中心に強力な中央政権(織田政権

アクセスランキング