【速報評論】就活失敗し自殺する若者急増 4年で2・5倍に

就職活動の失敗を苦に自殺する10~20歳代の若者が、急増している。
2007年から自殺原因を分析する警察庁によると、昨年は大学生など150人が就活の
悩みで自殺しており、07年の2・5倍に増えた。

警察庁は、06年の自殺対策基本法施行を受け、翌07年から自殺者の原因を遺書や生前の
メモなどから詳しく分析。10~20歳代の自殺者で就活が原因と見なされたケースは、
07年は60人だったが、08年には91人に急増。毎年、男性が8~9割を占め、昨年は、
特に学生が52人と07年の3・2倍に増えた。

背景には雇用情勢の悪化がある。厚生労働省によると、大学生の就職率は08年4月には96・9%。
同9月のリーマンショックを経て、翌09年4月には95・7%へ低下。
東日本大震災の影響を受けた昨年4月、過去最低の91・0%へ落ち込んだ。

(2012年5月8日15時25分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120508-OYT1T00690.htm
十数年前のある日のある朝、弟子は師にこう尋ねた。
「失敗続きで、嫌なことばかりの世の中で生きていく意味はあるんですか?」
すると師はこう答えた『生きることに、いちいち理由や意味を持たせるな!』と。


弟子は反論した「それでは人生は意味のない空虚なものなのですか?」

師はまた答えた『空っぽで虚ろな生涯など誰も送ることは出来ない。だからと言って、この世界に生まれ落ちた意味があるわけでもない。何が善か何が悪か、そんなものは初めからない。良い生き方も悪い生き方もない。』

「それは良い死に方も悪い死に方もないということになりませんか?」

『そのとおり。死ぬことにゃ変わりない。生きてる限り遅かれ早かれ死ぬ。だから頑張って生きなくてもいい。頑張ったらしんどいだけだ。頑張って死ぬ人間なんかいないだろう。その逆も然り、摂理ではないかね。』

嗚呼…

人生これテキトー

人生これチート
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ速報。 | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



アクセスランキング