スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: スポンサー広告

【奇味珍味】茗荷(ミョウガ)のススメ!超簡単ぬか漬けの方法!食べると物忘れ⇒逆だった!記憶力アップ!

ミョウガ(茗荷、学名:Zingiber mioga)はショウガ科ショウガ属の多年草。食用として利用される。
東アジア(温帯)が原産。日本の山野に自生しているものもあるが、人間が生活していたと考えられる場所以外では見られないことや、野生種がなく、5倍体(基本数x=11、2n=5x=55)であることなどから、大陸から持ち込まれて栽培されてきたと考えられる。花穂および若芽の茎が食用とされる。雌雄同株で、花器にも雄蕊、雌蕊とも揃っている両性花が開花するが、5倍体のため、受精しても親と同じ数の染色体数になることは稀で、繁殖は地下茎による栄養体繁殖が主体である。ごく稀に夏から秋にかけて温度が高い時に実を結ぶことがある。地上部に見える葉を伴った茎状のものは偽茎である[1]。

6月27日wikipedia「ミョウガ」引用


ぴよこ『…どれどれ…。≠( ̄~ ̄ )モグモグ…∑q|゚Д゚|pワオォ!!』

Dr.ぶらっく『どう?オイシイだろ?茗荷のぬか漬け…|柱| ̄m ̄)ウヒヒ』

ぴよこ『アッチョン━━(゚Д゚;;)━━ブリケ!』

ドリャッ!o(#-_-)~=○)゚3゚)ナンデッ!?
ぴよこ『ぶらっくさんの大好物ってヤッパリ変わってますヨ!Σ(・ω・ノ)ノ』

Dr.ぶらっく『香りが強くて、苦味のある食べもの好きだからなー(´∀`)』

ぴよこ『茗荷や生姜、セリに菜の花、芋茎が大好物なんて…ぶらっくさん、ほとんど変態仙人ですネ(゚∇^d)』

Dr.ぶらっく『ヘンタイは余計だ!ヘンタイは!Σ( ̄ロ ̄lll)ナンダソリャ』


【ミョウガの栄養とぬか漬け方法】

はじめに主張しておきたいことは、「物忘れがひどくなる」という俗説は大嘘です。それどころか、消臭作用、抗菌・解毒作用、集中力UP、風邪の予防、喉の痛みにも効果があると言われています。女性の生理不順、更年期障害、生理痛、冷え性、冷え性からくる腰痛、腹痛にも有効です。そこで、栄養を逃がさないように、なるべく火を通したり茹でたりせず、ぬか漬けで生の風味を味わうのがお勧めです。ぬか漬けは簡単に出来るので是非お試し下さい。

茗荷
  1. 100均などで、底が深めで冷蔵庫に入るサイズのタッパーを探します。
  2. スーパーで「ぬか」を買います。粉末昆布ダシもお勧めです。(どちらも200円前後)
  3. タッパーにぬかを入れ、粉末昆布ダシも一袋入れます。
  4. 次に、水道水を入れてぬかを底から混ぜます。(ミネラル水は×)
  5. 中に漬ける野菜から水分が出るので、ぬかはやや堅めに練ります。
  6. ミョウガを半分に切り、よく洗います。
  7. ぬか床に埋めるように漬けていきます。蓋をして冷蔵庫にしまいます。
  8. 一晩寝かすと出来上がりです。茗荷のぬか漬け

Dr.ぶらっく『あくまで自己流です(*⌒∇⌒)ノ』

ぴよこ『テスト勉強する前に、我慢して食べてみようかな(゚ー゚*?)』

Dr.ぶらっく『ぇ?テスト勉強するの(・_・?)』

ぴよこ『テスト期間中は、ブログは放置かもしれませんヨヾ(゚ー゚ヾ)』

Dr.ぶらっく『アッチョン━━(゚Д゚;;)━━ブリケ━━!』

ブログパーツ
関連記事
ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリー: 人生これ娯楽。 | コメント: 0 | トラックバック: 1


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【【奇味珍味】茗荷(ミョウガ)のススメ!超簡単ぬか漬けの方法!】

ミョウガ(茗荷、学名:Zingiber mioga)はショウガ科ショウガ属の多年草。食用として利用される。東アジア(温帯)が原産。日本の山野に自生しているものもあるが、人間が生活していた

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。